【英語】subsidy/subsidiaryの意味の違いと使い分け(スペルが似ている単語シリーズ)

subsidy-subsidiary違い スペルが似ている単語

スペルが似ていて間違えやすい単語

subsidy(サブシディ)

subsidiary(サブシディアリィ)

の違いを理解します。

(を押せば発音をチェックできます)

まとめに飛ぶにはこちらからClick

subsidy/subsidiaryの意味と用例文

subsidy

[名]補助金、助成金

Farm subsidies totaled $53 billion last year.

Congress may cut some subsidies to farmers.

引用:Longman現代英英辞典

subsidiary

[名]子会社、補助者

a subsidiary of a US company.

one of our Japanese subsidiaries

引用:Longman現代英英辞典

subsidy/subsidiaryの違いをもっと詳しく

subsidy

money that is paid by a government or organization to make prices lower, reduce the cost of producing goods etc

引用:Longman現代英英辞典

subsidiary

a company that is owned or controlled by another larger company

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

subsidyについては

money that is paid by a government or organization to make prices lower, reduce the cost of producing goods etc
(価格や商品の生産コストを下げるために、政府や組織により支払われるお金)

と「お金」の説明がされています。

 

subsidiaryについては

a company that is owned or controlled by another larger company
(他のより大きな会社によって所有または支配されている会社)

と「会社」の説明がされています。

subsidy/subsidiaryの違いの覚え方

subsidy-subsidiary違い

subsidiary「子会社」の中に含まれるdiaryという綴りに「日誌、日記」という意味が含まれていると覚えてみてはいかがでしょうか。会社に所属すると日報を書くことがありますよね。


まとめsubsidy/subsidiaryの違い

subsidy…補助金、助成金

subsidiary…子会社

(を押せば発音をチェックできます)

語彙力」を上げるためにやった②つのこと
 
もっと単語を覚えられたら…
もっと言葉を知っていたら…

私の語彙力を上げた方法をこちらで紹介しています