【英語】loyalty/royaltyの意味の違いと使い分け(スペルが似ている単語シリーズ)

loyalty-royalty違い スペルが似ている単語

スペルが似ていて間違えやすい単語

loyalty(ロイアルティ)

royalty(ロイアルティ)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

loyalty/royaltyの意味と用例文

loyalty

[名]忠誠、忠実、忠義

Elizabeth understood her husband’s loyalty to his sister.

In the rural areas, family and tribal loyalties continue to be important.

引用:Longman現代英英辞典

royalty

[名]特許・著作権使用料、印税、王位、王族

the royalties from his latest book

At school the other children treated them like royalty.

引用:Longman現代英英辞典

loyalty/royaltyの違いをもっと詳しく

loyalty

the quality of remaining faithful to your friends, principles, country etc

a feeling of support for someone or something

引用:Longman現代英英辞典

royalty

a payment made to the writer of a book or piece of music depending on how many books etc are sold, or to someone whose idea, invention etc is used by someone else to make money

members of a royal family

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

loyaltyについては

the quality of remaining faithful to your friends, principles, country etc
(友人や主義、国などに対して忠誠でいる性質)

a feeling of support for someone or something
(誰かや何かを支援する感覚)

という「忠誠、忠実、支える心(態度))」との説明がされています。

 

royaltyについては

a payment made to the writer of a book or piece of music depending on how many books etc are sold, or to someone whose idea, invention etc is used by someone else to make money
(売れた数などに対して本や音楽の製作者に対する、また、それらのアイデアや発明などを利用し、他の誰かがお金を稼ぐ際の作者への支払い)

members of a royal family
(王室・王族の一員)

という「印税、特許・著作権使用料、王族」との説明がありました。

なお、印税や著作権使用料という意味で使われる場合は、たいていroyalitiesと複数形で使われます。

loyalty/royaltyの違いの覚え方

loyalty-royalty覚え方

多くの人がLかRかで迷うと思うので、同じ頭文字であるright[権利]とroyalty[使用料]をセットで覚えてみるのはいかがでしょうか。


まとめloyalty/royaltyの違い

loyalty(ロイアルティ)…[名詞]忠誠、忠実、忠義、支える心

royalty(ロイアルティ)…[名詞]特許・著作権使用料、印税、王位、王族。使用料などの意味で使う場合はたいてい複数形で表す。