【英語】weather/whetherの意味の違いと使い分け(スペルが似ている単語シリーズ)

weather-whether違い スペルが似ている単語

スペルが似ていて間違えやすい単語

weather(ウェザー)

whether(ウェザー、ホゥェザー)

の違いを理解します。

>>まとめに飛ぶにはこちらからClick

weather/whetherの意味と用例文

weather

[名]天気、天候
[動]切り抜ける、風化する・させる

What’s the weather like today?

The company weathered the storm of objections to the scheme.

引用:Longman現代英英辞典

whether

[接]〜かどうか、〜であろうとなかろうと、いずれにせよ

Maurice asked me whether I needed any help.

It seemed to me that she was in trouble whether Mahoney lived or died.

引用:Longman現代英英辞典

weather/whetherの違いをもっと詳しく

weather

the temperature and other conditions such as sun, rain, and wind

to come through a very difficult situation safely

if rock, wood, or someone’s face is weathered by the wind, sun, rain etc, or if it weathers, it changes color or shape over a period of time

引用:Longman現代英英辞典

whether

used when talking about a choice you have to make or about something that is not certain

used to say that something definitely will or will not happen whatever the situation is

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

weatherについては

the temperature and other conditions such as sun, rain, and wind
(気温や晴れ、雨、風などのコンディション)

という「天気、天候」という名詞の意味と、

to come through a very difficult situation safely
(とても困難な状況を安全に切り抜ける)

if rock, wood, or someone’s face is weathered by the wind, sun, rain etc, or if it weathers, it changes color or shape over a period of time
(岩や木、人の顔などが風や太陽や雨によって風化すること、または長い年月をかけて色や形を変えること)

の部分に「切り抜ける、風化する・させる」という動詞の意味があることが分かります。

 

whetherについては

used when talking about a choice you have to make or about something that is not certain
(あなたがしなければいけない選択、または確かではないことについて話す時に使われる)

used to say that something definitely will or will not happen whatever the situation is
(状況に関わらず何かが確実に起こる、または起こらないことについて言う事に使われる)

との説明に「可能性が2つある」というニュアンスを汲み取ります。例えばAであるか、またはBであるか、もしくはAなのかそうでは無いのかなど。

ここで練習問題(回答は後ほど)
We (     ) that you change your shoes first.
1.remain 2.improve 3.suggest 4.reserve
\他にもTOEIC・英検対応問題が多数/
👑1位 スタディサプリ ENGLISH

7日間無料、期間内解約で0円体験
さらに最大6,000円キャッシュバック
2019年10月23日まで!

※正解は3.suggest(提案する)

weather/whetherの違いの覚え方

weather-whether違い

天気が良かったり、また寒かったりする場合に衣服を脱いだり着込んだりすることから、

wear「衣服」に関係するのはweather「天気、天候」の方と覚えてみるのはいかがでしょうか。

スペルの最初の3文字が同じなのでセットで覚えやすいのでは無いかと思います。

また、前述した通りweatherには「風化する・させる」という動詞の意味があり、weathringで「風化」という名詞の形があることも併せておさえておきたいところですね。


まとめweather/whetherの違い

weather(ウェザー)…[名詞]天気、天候 [動詞]切り抜ける、風化する・させる

whether(ウェザー、ホゥェザー)…[接続詞]〜かどうか、〜であろうとなかろうと、いずれにせよ

ここまで読んでいただきありがとうございました。

当サイト「あめぐれ」では他にもたくさんの言葉を扱っているのでよかったら見ていってくださいね。

また、ツイッターやフェイスブックで共有してくれるととても励みになります!