【英語】honesty/integrity(誠実)の意味の違いと使い分け

honesty-integrity違い 英語

英語で「誠実」を表す単語

honesty(アネスティ)

integrity(インテグリティ)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

honestyの意味と用例文

[名]正直、誠実

 

☆ポイント☆「正直、誠実」を表す一般的な単語。裏表が無く公正であるということ。対義語はdishonesty「不誠実、正直ではない」

a politician of rare honesty and courage

Talk about impression management and honesty.

引用:Longman現代英英辞典

I appreciate your honesty.「正直に打ち明けてくれてありがとうございます」

integrityの意味と用例文

[名]誠実、高潔、完全な品位

 

☆ポイント☆フォーマルな表現でhonestyと比べてより誠実で高潔な状態を表す。honestyと同様に正直であることは当然ながら、「責任を持つ」「信念を貫く」といったニュアンスも含む。

a man of great moral integrity

Rooney brought dignity and integrity to the profession.

引用:Longman現代英英辞典

honesty/integrityの違いをもっと詳しく

honesty

the quality of being honest

引用:Longman現代英英辞典

integrity

the quality of being honest and strong about what you believe to be right

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

honestyについては

the quality of being honest
(正直である性質)

integrityについては

the quality of being honest and strong about what you believe to be right
(正しいと信じる事への強さと正直である性質)

との説明がされています。honestyの「正直である」という内容に対して、integrityの方には「高潔で信念がある」といったニュアンスがあるのが理解できます。


まとめhonesty/integrityの違い

honesty(アネスティ)…「正直、誠実」を表す一般的な単語。

integrity(インテグリティ)…フォーマルな表現で「正直で高潔、信念がある」という意味。