【英語】main/major/key(主要な、重要な)の意味の違いと使い分け

main-major-key違い 英語

英語で「主要な、重要な」を表す単語

main(メイン)

major(メイジャー)

key(キー)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

mainの意味と用例文

[形]主要な、メインの、主な

 

☆ポイント☆あるものの主要で中心であるという意味。例えばmain streatは「中心的な通り」、main eventで「主要なイベント」など。一番大切であり、他のものよりも重要視されているというニュアンスがある。

The main reason for living in Spain is the weather.

What do you consider to be the main problem?

引用:Longman現代英英辞典

majorの意味と用例文

[形]主要な、重要な、大規模な、広範囲の

 

☆ポイント☆大きさ、数、規模などが大きいということで、それ故に(他と比べて)主要であるという意味。例えばmajor leagueは数多く存在するベースボールリーグの中でもっとも規模が大きい(minor leagueはそれに劣る)。また、病気や問題などが深刻であるという意味もある。

Britain played a major role in the negotiations.

There is a major problem with parking in London.

引用:Longman現代英英辞典

keyの意味と用例文

[形]極めて重要な、もっとも重要な

→[名]鍵、キー

 

☆ポイント☆もっとも重要であり必要不可欠であるという意味。例えばkey personは「極めて重要な役割を担う人を表し、その人物無しでは事が進まない」という意味をもつ。

China’s support is key to the success of the coalition.

he president makes all the key decisions on foreign policy.

引用:Longman現代英英辞典

main/major/keyの違いをもっと詳しく

main

larger or more important than all other things, ideas etc of the same kind

引用:Longman現代英英辞典

major

very large or important, when compared to other things or people of a similar kind

having very serious or worrying results

引用:Longman現代英英辞典

key

very important or necessary

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

mainについては

larger or more important than all other things, ideas etc of the same kind
(同じ種類のものや考え全体の中でより(重要度が)大きく重要である)

との説明に「あるものの中で主要、重要である」ということが分かります。

 

majorについては

very large or important, when compared to other things or people of a similar kind
(他のものや同じような人と比べた時にとても大きく、重要である)

と「他と比べて規模や重要度が大きい」説明がされています。

また、

having very serious or worrying results
(とても深刻で心配している状況)

という「深刻である」との説明もありました。

 

keyについては

necessary
(必要不可欠である)

という単語に注目し、「欠かすことの出来ない」というニュアンスを汲み取ります。


まとめmain/major/keyの違い

main(メイン)…あるものの中で主要で中心であるという意味。

major(メイジャー)…大きさや数、規模などが大きいという意味。症状や問題が深刻であるという意味もある。

key(キー)…もっとも重要であり必要不可欠という意味。欠かす事が出来ない存在(欠かしてしまった場合は何らかの不都合が起きるというニュアンスもある)