【英語】outside/outdoors(外に、屋外で)の意味の違いと使い分け

outside-outdoors違い 英語

英語で「外に、屋外で」を表す単語

outside(アウトサイド)

outdoors(アウトドーアズ)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

outsideの意味と用例文

[副]外に、屋外で

→[名]外側、外面

→[形]屋外の、野外の、外側の

 

☆ポイント☆建物やグループなどの内側では無いという意味で、副詞、名詞、形容詞、前置詞としての使い方がある。建物外とはいえ、たいていは近い場所(例えば家の外で遊ぶと言っても庭か近くの公園程度)のことが多い。

Let’s go outside and play baseball.

外に出て野球をしましょう。

It has been already dark outside.

外はもう暗くなってしまった。

outdoorsの意味と用例文

[副]外に、屋外で

→[名]外、屋外

→[形]outdoor 外の、屋外の

 

☆ポイント☆建物の内側ではなく、屋根のない開けた空間でという意味。活動が出来る自然の中などを指すことが多い。形容詞形はoutdoor(sが不要)になるので注意。

I like to cook outdoors.

屋外で料理するのが好きです。

He always works outdoors from 9:00 to 12:00.

彼は9時から12時まではいつも外で仕事をします。

outside/outdoorsの違いをもっと詳しく

outside

not inside a building, but usually close to it

引用:Longman現代英英辞典

outdoors

outside, not in a building

away from buildings and in the open air – used especially when talking about pleasant or healthy things you do outside

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典(シソーラス含む)の説明も見ていきます。

outsideについては

usually close to it
(たいていは近く)

の部分に注目し、「近い屋外」を表しています。勝手口から出入りする裏庭や家の駐車スペースなどを想像すると分かりやすいですね。

 

outdoorsについては

away from buildings and in the open air
(建物から離れ、開けた空間)

という説明がされています。outsideとの違いに注意したいですね。


まとめoutside/outdoorsの違い

outside(アウトサイド)…建物やグループの内部では無いという意味。外と言えど比較的近い場合が多い。副詞、名詞、形容詞、前置詞の使い方がある。

outdoors(アウトドーアズ)…建物内から離れた開けた空間にという意味。形容詞はoutdoor(sが不要)になるので注意。