【英語】period/term/span(期間)の意味の違いと使い分け

period-term-span違い 英語

英語で「期間」を表す単語

period(ピアリオド)

term(ターム)

span(スパン)

の違いを理解します。

>>まとめに飛ぶにはこちらからClick

periodの意味と用例文

[名]期間、期限、終わり

 

☆ポイント☆始まりから終わりまでの時間の長さという意味。特に繰り返される場合などに使われる。例えば授業時間だったり試合の一区切りなど。

I studied English hard for a short period of time.

短い期間の中で一生懸命に英語を勉強した。

termの意味と用例文

[名]期間、時間

 

☆ポイント☆(事前に)決められた期間、限られた時間という意味。例えば契約期間や市長の任期など、前もってはっきりと決まっている期間の事を言う。

The contract term has been extended.

契約期間が延長された。

The new school term starts in April.

新学期は4月に始まります。

a term of office (任期)

spanの意味と用例文

[名]期間、時間、長さ、距離

 

☆ポイント☆periodと同義の部分があるが、比較的短い期間(主観的)を表す事が多い。長さや距離という意味もある。

It is difficult to make the statue in such a short time span.

そんな短い時間で銅像を掘るのは難しいです。

period/term/spanの違いをもっと詳しく

period

a particular length of time with a beginning and an end

引用:Longman現代英英辞典

term

a fixed period of time during which someone does something or something happens

引用:Longman現代英英辞典

span

a period of time between two dates or events

the distance from one side of something to the other

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

periodについては

with a beginning and an end
(始まりから終わりまでの)

との説明に一般的な「期間」を表すことを理解します。

 

termについては

a fixed period of time
(決められた、一定の時間)

という部分に注目し、「事前に決められている期間」を表す事を理解します。

 

spanについては

between two dates or events
(2つの日またはイベントの間)

と説明がされています。periodと同じニュアンスがありながらも「比較的短い時間、限定」を指している事が伝わります。

また、

the distance from one side of something to the other
(ある側から他のものまでの距離)

という「距離」についても説明がありますね。

ここで練習問題(回答は後ほど)
We (     ) that you change your shoes first.
1.remain 2.improve 3.suggest 4.reserve
\他にもTOEIC・英検対応問題が多数/
👑1位 スタディサプリ ENGLISH

7日間無料、期間内解約で0円体験
さらに最大6,000円キャッシュバック
2019年10月23日まで!

※正解は3.suggest(提案する)

まとめperiod/term/spanの違い

period(ピアリオド)…始まりから終わりまでの時間の長さ、期間。特に繰り返される時に。

term(ターム)…あらかじめ事前に決められた時間の長さ、期間。

span(スパン)…始まりから終わりまでの比較的短い(主観的に)時間の長さ、期間。距離についても。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

当サイト「あめぐれ」では他にもたくさんの言葉を扱っているのでよかったら見ていってくださいね。

また、ツイッターやフェイスブックで共有してくれるととても励みになります!