【英語】huge/enormous/tremendous(巨大な、とても大きい)の意味の違いと使い分け

huge-enormous-tremendous違い 英語

英語で「巨大な、とても大きい」

huge(ヒュージ)

enormous(イノーマス)

tremendous(トゥリメンダス)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

hugeの意味と用例文

[形]巨大な、大量の

 

☆ポイント☆「巨大な」を表す一般的な単語。例えば建造物や動物など物理的に大きな物によく使われるが、huge sums of money(巨額の資金)やhuge difference(大きな違い)など量や度合いが巨大である場合も使用する。very hugeと表現することは出来ない。

Himeji jo is a huge castle.

姫路城は巨大な城である。

enormousの意味と用例文

[形]巨大な、非常に大きな

 

☆ポイント☆hugeと同義であるが、量や程度が巨大であるという場合はenormousを使う事が多い。例えばenormous bunch(大量の束)やenormous impact(大きな衝撃)など。hugeと同じくvery enormousとは表現出来ない。

You have to make an enormous effort.

死に物狂いの努力が必要です。

tremendousの意味と用例文

[形]とてつもなく大きな、巨大な

 

☆ポイント☆大きさ、程度、影響がとてつもなく大きいという意味。例えばtremendous changes(大改革)やtremendous explosion(大爆発)など。素晴らしいという意味もある。

The food service industry wastes tremendous amount of food every year.

飲食業界は毎年とてつもない量の食べ物を無駄にしている。

huge/enormous/tremendousの違いをもっと詳しく

huge

extremely large in size, amount, or degree

引用:Longman現代英英辞典

enormous

very big in size or in amount

引用:Longman現代英英辞典

tremendous

very big, fast, powerful etc

having an extremely big effect

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典(シソーラス含む)の説明も見ていきます。

hugeenormousについてはほぼ同様の説明がされていますが、

large(形が巨大)

big(程度が巨大)

の部分にニュアンスの違いを感じることができます。

 

tremendousについては

powerful
(力強い)

extremely big effect
(計り知れない影響)

の部分に「影響力が巨大である」という意味を汲み取ることができます。


まとめhuge/enormous/tremendousの違い

huge(ヒュージ)…物理的な大きさが巨大であるという意味。量、度合いなどにも使える。「very huge」とは表現できない。

enormous(イノーマス)…量や程度が巨大であるという意味。「very enormous」とは表現できない。

tremendous(トゥリメンダス)…大きさ、程度、影響がとてつもなく大きいという意味。素晴らしいという意味もある。