【英語】admit/acknowledge/recognize(認める)の意味の違いと使い分け

admit-acknowledge-recognize違い 英語

英語で「認める」を表す単語

admit(アドミット)

acknowledge(エクナリッジ)

recognize(レコグナイズ)

の違いを理解します。

>>まとめに飛ぶにはこちらからClick

admitの意味と用例文

[動]認める、承認する、許可する

 

☆ポイント☆不本意ながら認めるという意味。自分の意思とは反しているが認めざるを得ない、否定する余地が無いというニュアンスがある。罪や間違いを認める場合などにも使用する。

He admitted his mistakes at last.

彼はようやく間違いを認めた。

admit-admitted-admitted (変化)

acknowledgeの意味と用例文

[動]認める、承認する、受け入れる

 

☆ポイント☆事実や重要性などを認めるという意味。adminのように不本意であるニュアンスは無く、例えばデータに基づく事実や不利な状況などを自分の損得を考えずに認める、受け入れるということ。

He acknowledges that Ken is the best player at high school.

彼は高校でケンが一番いい選手だと認めている。

recognizeの意味と用例文

[動]認める、認識する、識別する

 

☆ポイント☆過去の経験などから認識出来るいう意味。例えば声を聞いて自分の知り合いだと認識したり、努力による価値を認めたりすること。また、政府などが公式に認めているというフォーマルな使い方もある。

I didn’t recognize her mother at first.

最初彼女の母親だと認識出来なかった。

recognize A as B (AをBとして認める、認識する)

admit/acknowledge/recognizeの違いをもっと詳しく

admit

to agree unwillingly that something is true or that someone else is right

to say that you have done something wrong, especially something criminal

to allow someone to enter a public place to watch a game, performance etc

引用:Longman現代英英辞典

acknowledge

to admit or accept that something is true or that a situation exists

引用:Longman現代英英辞典

recognize

to know who someone is or what something is, because you have seen, heard, experienced, or learned about them in the past

to officially accept that an organization, government, document etc has legal or official authority

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

admitについては

unwillingly
(不本意に、嫌々ながら)

especially something criminal
(特に何か悪い事をしたことについて)

の部分に注目し「不本意ながら認めざるを得ない」という意味を汲み取ります。

また、

allow someone to enter a public place
(公共エリアに入る事を許可する)

とあるように「認める」という意味もあります。

 

acknowledgeについては

to admit or accept that something is true or that a situation exists
(真実や状況を認めたり受け入れたりすること)

とあります。admitと違い「素直に認めている」感じが伝わります。

 

recognizeについては

to know who someone is or what something is, because you have seen, heard, experienced, or learned about them in the past
(誰かまたは何が起きたか分かる事、なぜなら過去に見たり聞いたり経験したり、それについて学んでいるため)

との説明に「(過去の経験により)識別する」という意味を汲み取ります。

また、

to officially accept that an organization, government, document etc has legal or official authority
(組織や政府、書類が法的または公式な権限がある事を公式に認めること)

という「公式に認める(把握している)」という説明もありました。

ここで練習問題(回答は後ほど)
We (     ) that you change your shoes first.
1.remain 2.improve 3.suggest 4.reserve
\他にもTOEIC・英検対応問題が多数/
👑1位 スタディサプリ ENGLISH

7日間無料、期間内解約で0円体験
さらに最大6,000円キャッシュバック
2019年10月23日まで!

※正解は3.suggest(提案する)

まとめadmit/acknowledge/recognizeの違い

admit(アドミット)…不本意ながら認める、否定をしないという意味。

acknowledge(エクナリッジ)…真実や状況をそのまま認める、受け入れるという意味。

recognize(レコグナイズ)…過去の経験などから認識出来る、認めるという意味。また、政府などが公式に認めるという意味もある。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

当サイト「あめぐれ」では他にもたくさんの言葉を扱っているのでよかったら見ていってくださいね。

また、ツイッターやフェイスブックで共有してくれるととても励みになります!