【英語】employ/hire(雇う)の意味の違いと使い分け

employ-hire違い 英語

英語で「雇う」を表す単語

employ(エンプロイ)

hire(ハイアー)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

employの意味と用例文

[動]雇う、雇用する、採用する

 

☆ポイント☆(正式に・長期雇用で)雇うという意味。受動態で「雇われている」と表現する事も多く、その場合は「働いている」というニュアンスを持つ。

Our company employs about 100 people.

我々の会社はおよそ100名の従業員を雇っている。

I am employed as an English teacher.

私は英語教師として雇われている(働いている)

employer 雇用者、雇い主

employee 従業員、雇われている人

hireの意味と用例文

[動](一時的に)雇う

 

☆ポイント☆特定の仕事を任せるために一時的に雇うという意味。例えばアルバイトや契約社員など。employのような長期に渡って契約をするといったニュアンスは無い。

She hired a babysitter.

彼女はベビーシッターを(一時的に)雇った。

employ/hireの違いをもっと詳しく

employ

to pay someone to work for you

引用:Longman現代英英辞典

hire

to employ someone for a short time to do a particular job

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

employについては

to pay someone to work for you
(あなたの代わりに働いてくれる人にお金を払うこと)

と「雇用する」という説明がされています。

In everyday English, people usually say give someone a job rather than employ someone, and have a job rather than be employed:

引用:Longman現代英英辞典

なお、日常的にはemployよりもgive 〜 a jobbe employedよりもhave a jobと言う方が多いとの補足もありました。

 

hireについては

to employ someone for a short time to do a particular job
(特定の仕事をするために短い期間に誰かを雇うこと)

との説明に「一時的に雇う」という意味を汲み取ることができます。


まとめemploy/hireの違い

employ(エンプロイ)…(正式に長期雇用で)雇うという意味。正社員など。

hire(ハイアー)…(一時的に)雇うという意味。アルバイトや契約社員など。