【英語】notice/attention/caution/warning(注意)の意味の違いと使い分け

notice-attention-caution-warning違い 英語

英語で「注意」を表す単語

notice(ノゥティス)

attention(アテンション)

caution(コーション)

warning(ウォーニング)

の違いを理解します。

>>まとめに飛ぶにはこちらからClick

noticeの意味と用例文

[名]注意、案内、警告

 

☆ポイント☆重要なこと、大切な内容についての注意。お知らせ。

Please read this notice first.

まず最初にこの注意書きを読んでください。

take notice of 〜 (〜に注視する)

attentionの意味と用例文

[名]注意、注目

 

☆ポイント☆noticeとほぼ同義であるが、attentionの方が危険に関する事への注意というニュアンスが強い。

You must pay attention to his message.

彼のメッセージに注意を払わなければいけない。

pay attention to 〜 (〜に注意を払う)

cautionの意味と用例文

[名]注意、警告

 

☆ポイント☆ダメージがあったり怪我を招く可能性のある注意。「足元注意」「頭上注意」など。

Please walk with caution in this area.

このエリアでは注意して歩いてください。

warningの意味と用例文

[名]注意、警告

 

☆ポイント☆強い警告。回避しないと生命もしくは逮捕の危険性などがある場合の注意、警告。

A warning message is written on that board.

ボードに警告文が示されている。

notice/attention/caution/warningの違いをもっと詳しく

notice

when you notice or pay attention to someone or something

引用:Longman現代英英辞典

attention

when you carefully listen to, look at, or think about someone or something

引用:Longman現代英英辞典

caution

the quality of being very careful to avoid danger or risks

a warning or piece of advice telling you to be careful

引用:Longman現代英英辞典

warning

something, especially a statement, that tells you that something bad, dangerous, or annoying might happen so that you can be ready or avoid it

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典で調べてみると、意味合いが徐々に変化しているのが分かります。

まずnoticeと比べてattentionの方にはcarefully(注意深く)という語句があります。

 

cautionにはbeing very careful to avoid danger or risks(危険やリスクを避けるため十分に気をつける)とあり、さらに警告度が増しますね。

 

warningにはsomething bad, dangerous, or annoying might happen(何か良くないことや危険、イライラさせる事などが起こる)のでready or avoid it(構えるか避ける)ための注意、警告とあります。

 

危険に関する注意レベルは、notice < attention < caution < warning のような感じです。

ここで練習問題(回答は後ほど)
We (     ) that you change your shoes first.
1.remain 2.improve 3.suggest 4.reserve
\他にもTOEIC・英検対応問題が多数/
👑1位 スタディサプリ ENGLISH

7日間無料、期間内解約で0円体験
さらに最大6,000円キャッシュバック
2019年10月23日まで!

※正解は3.suggest(提案する)

まとめnotice/attention/caution/warningの違い

notice(ノゥティス)…重要、大切な事に関する注意。お知らせ。

attention(アテンション)…noticeよりも危険について注意するニュアンスがある。

caution(コーション)…回避しないとダメージを受ける・怪我をする可能性のある注意。

warning(ウォーニング)…強い警告の意味。回避しない場合は相応のダメージがある可能性が高い。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

当サイト「あめぐれ」では他にもたくさんの言葉を扱っているのでよかったら見ていってくださいね。

また、ツイッターやフェイスブックで共有してくれるととても励みになります!