【英語】sadness/sorrow/grief(悲しみ)の意味の違いと使い分け

sadness-sorrow-grief違い 英語

英語で「悲しみ」を表す単語

sadness(サッドネス)

sorrow(ソロゥ)

grief(グリーフ)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

sadnessの意味と用例文

[名]悲しみ、悲しいこと

 

☆ポイント☆「悲しみ、悲しいこと」を表す一般的な単語。軽いものから深い悲しみまで。

Her sadness was written all over the notebook.

ノートのいたるところに彼女の悲しみが書き記されていた。

deep sadness (深い悲しみ)

sorrowの意味と用例文

[名]悲しみ、悲哀

 

☆ポイント☆sadnessよりも「深い悲しみ」を表す。人の死や不幸など、深く辛い悲しみを指すことが多い。

I couldn’t disguise my sorrow.

自分の悲しみを隠しきれなかった。

griefの意味と用例文

[名]悲しみ、苦しみ、嘆き

 

☆ポイント☆sorrowと同様に「深い悲しみ」を表す。人の死や人生のどん底などで立ち上がれないほどの悲しみなど。

I don’t want to think about the grief for the death of my friend.

友人の死の悲しみについて考えたくはない。

come to grief (災難に会う)

sadness/sorrow/griefの違いをもっと詳しく

sadness

the state of feeling sad

a sad feeling, caused especially when a happy time is ending, or when you feel sorry about someone else’s unhappiness

引用:Longman現代英英辞典

sorrow

a feeling of great sadness, usually because someone has died or because something terrible has happened to you

written the feeling of being very sad, especially because someone has died or because terrible things have happened to you

引用:Longman現代英英辞典

grief

extreme sadness, especially because someone you love has died

something that makes you feel extremely sad

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典(シソーラス含む)の説明も見ていきます。

sadnessについては

the state of feeling sad
(悲しい気持ちの状態)

とあるように、一般的な「悲しみ」を表しています。

 

sorrowについては

great sadness
(深い悲しみ)

という部分にsadnessよりも強い表現であることがあります。またwritten(文語的である)という説明もありました。

 

griefには

extreme sadness、extremely sad
(大変な悲しみ)

と説明があるとおり、こちらも「深い悲しみ」を表しています。


まとめsadness/sorrow/griefの違い

sadness(サッドネス)…「悲しみ」を表す一般的な単語。軽いものから深いものまで。

sorrow(ソロゥ)…sadnessよりも深く、辛い悲しみを指す事が多い。文語的。

grief(グリーフ)…知人の死や人生のどん底状態で立ち直れないほどの悲しみ。