【英語】serious/solemn/grave/earnest(真面目な)の意味の違いと使い分け

serious-solemn-grave-earnest違い 英語

英語で「真面目な」を表す単語

serious(シィリアス)

solemn(ソレム)

grave(グレイヴ)

earnest(アーネスト)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

seriousの意味と用例文

[形]真面目な、厳粛な、重大な

 

☆ポイント☆冗談やユーモアなどを感じさせること無く、とても真剣であるという状態。「厳粛である」ということは普段はあまりいい意味では使われないが、緊急時などでは逆にseriousである必要がある場合もある。重大な・真剣なという意味もある。

His voice sounded serious.

They seem to be serious about their relationship.

引用:Longman現代英英辞典

【英語】important/serious/grave/crucial(重大な)の意味の違いと使い分け
important/serious/grave/crucialの違いを理解します。

solemnの意味と用例文

[形]真面目な、厳粛な、謹厳な

 

☆ポイント☆seriousよりも深く真面目で厳粛な状態。重苦しい状況や厳粛な式典などで使われることが多い。

Their faces suddenly grew solemn.

a solemn procession of mourners

引用:Longman現代英英辞典

graveの意味と用例文

[形]真面目な、厳粛な、重々しい

→[名]お墓、墓所

 

☆ポイント☆こちらもseriousよりも程度が深く、何か悪いことが起きることを心配しているような状態。

Matthew’s life is in grave danger.

The report expressed grave concern over the technicians’ lack of training.

引用:Longman現代英英辞典

【英語】grave/tomb/cemetery(お墓)の意味の違いと使い分け
grave/tomb/cemeteryの違いを理解します。

earnestの意味と用例文

[形]真面目な、誠実な、熱心な

 

☆ポイント☆正直でまっすぐであるというポジティブな意味。純粋にひたむきであり、一般的な日本語でいう「真面目な」に一番近いニュアンスがある。

a rather earnest young man

Matthews was in earnest conversation with a young girl.

引用:Longman現代英英辞典

serious/solemn/grave/earnestの違いをもっと詳しく

serious

if someone is serious about something they say or plan to do, they really mean it and are not joking or pretending

not joking or laughing, or not pretending

引用:Longman現代英英辞典

solemn

very serious and not happy, for example because something bad has happened or because you are at an important occasion

very serious because of an important or sad occasion or ceremony

引用:Longman現代英英辞典

grave

grave problems, situations, or worries are very great or bad

quiet and very serious – used especially about the way people look when something important or worrying happens

引用:Longman現代英英辞典

earnest

very serious and sincere

very serious and sincere – often used about someone who is young and not very experienced

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典(シソーラス含む)の説明も見ていきます。

seriousについては

not joking or laughing, or not pretending
(冗談や笑ったりせず、また見せかけでも無い)

という部分に「真剣で真面目である」という意味を汲み取ります。

 

solemnについては

very serious because of an important or sad occasion or ceremony
(重要であったり悲しい時、また式典などでとても真面目・厳粛な状態)

と説明があります。

 

graveについては

quiet and very serious – used especially about the way people look when something important or worrying happens
(静かでとても真面目な状態。特に何か重要なことや心配事がある時の人々の様子に使われる)

の部分に「深刻な事態を受け止めている」というような状況が目に浮かびます。

 

earnestについては

very serious and sincere – often used about someone who is young and not very experienced
(とても真面目で誠実である、若く経験があまりない人についてよく使われる)

と説明がありました。「まっすぐで熱心な真面目である」というニュアンスですね。

状況にもよりますが、serioussolemngraveはあまりポジティブに使われる事が少ないようです。


まとめserious/solemn/grave/earnestの違い

serious(シィリアス)…冗談抜きで真剣に真面目である状態。普段はあまりいい意味では使われない。

solemn(ソレム)…seriousよりも程度が深い。重苦しい状況や厳粛な式典などで使うことが多い。

grave(グレイヴ)…seriousよりも程度が深い。重要なことや心配事がある時などに使うことが多い。

earnest(アーネスト)…真面目で誠実であるという意味。熱心でまっすぐ、純粋であるということ。