【英語】advice/adviseの意味の違いと使い分け(スペルが似ている単語シリーズ)

advice-advise違い スペルが似ている単語

スペルが似ていて間違えやすい単語

advice(アドヴァイス)

advise(アドヴァイズ)

の違いを理解します。

>>まとめに飛ぶにはこちらからClick
>>どれを買う?売れてる単語帳比較人気記事

advice/adviseの意味と用例文

advice

[名]助言、忠告、アドバイス

You should have followed my advice.

I need some advice about my computer.

引用:Longman現代英英辞典

advise

[動]助言する、忠告する、アドバイスをする

She needed someone to advise her.

Evans advised him to leave London.

引用:Longman現代英英辞典

advice/adviseの違いをもっと詳しく

advice

an opinion you give someone about what they should do

引用:Longman現代英英辞典

advise

to tell someone what you think they should do, especially when you know more than they do about something

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

adviceについては

an opinion you give someone about what they should do
(やるべきことについて与えた意見)

という説明が書かれています。「opinion(意見、申し出)」ということですね。

 

advise

to tell someone what you think they should do, especially when you know more than they do about something
(彼らがどうすべきであるかあなたが考えていることを伝えること、特にあなたが彼らよりもよく理解をしている時に)

となっています。「tell(伝える、教える)」という意味を汲み取ります。

advice/adviseの違いの覚え方

advice-advise違い

adviser助言をする人、アドバイザー」という単語と共に覚えてしまうのかいかがでしょうか。

playerbuyerなど動詞にerが付くと「そのものをする人」を表しますので、adviseに関しても同様です。「アドバイザー」はすでに日本語にもなっていますよね。

一方adviceは名詞なのでerが付くことはありません。

発音もce「ス」と濁ってもいないので間違えにくいと思います。


まとめadvice/adviseの違い

advice(アドヴァイス)…[名詞形]助言、忠告、アドバイス。「opinion」

advise(アドヴァイズ)…[動詞形]助言する、忠告する、アドバイスをする。「tell」

読んでいただきありがとうございました。

当サイト「あめぐれ」では他にもこんな記事をまとめています。