【英語】several/various(いくつかの、さまざまな)の意味の違いと使い分け

several-various違い 英語

英語で「いくつかの、さまざまな」を表す単語

several(セヴェラル)

various(ヴェリアス)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

severalの意味と用例文

[形]いくつかの、複数の、それぞれの

 

☆ポイント☆「数が複数ある」という意味。「いくつかの、何個か〜」の他にも「さまざまな(数が)」と日本語訳されることもあるが、種類に富んでいるというニュアンスは無い。a few「少し」よりも多く、many「たくさんの」よりも少ない数を表す。

I visited him in Kansas several times.

The bill came to several hundred pounds.

引用:Longman現代英英辞典

variousの意味と用例文

[形]さまざまな、いろいろな、いくつかの、多才な

 

☆ポイント☆「種類の数が多い」という意味。その結果「いくつかの(種類が)」と日本語訳されることもあるが、あくまで「バリエーションが豊富である」ことを指している。主に1つの対象に限って使われる。

The jacket is available in various colors.

There are various ways to answer your question.

引用:Longman現代英英辞典

several/variousの違いをもっと詳しく

several

a number of people or things that is more than a few, but not a lot

more than a few people or things, but not a large number

引用:Longman現代英英辞典

various

if there are various things, there are several different types of that thing

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

severalについては

a number of people or things that is more than a few, but not a lot
(a fewよりも多く、a lotほどでは無い人や物の数)

との説明に「数が複数ある」という意味を汲み取ります。少なくも無いが多くも無いといったニュアンスですね。

 

variousについては

if there are various things, there are several different types of that thing
(さまざまな物があるということは、数種類のタイプの物があるということ)

と説明があります。「種類が複数ある」というニュアンスが伝わります。


まとめseveral/variousの違い

several(セヴェラル)…「数が複数」a fewよりも多くmany、a lotよりも少ない。

various(ヴェリアス)…「種類が複数」バリエーションが豊富。主に1つの対象に限る。