【英語】useful/helpful(役に立つ)の意味の違いと使い分け

useful-helpful違い 英語

英語で「役に立つ」を表す単語

useful(ユースフル)

helpful(ヘルプフル)

の違いを理解します。

>>まとめに飛ぶにはこちらからClick

usefulの意味と用例文

[形]役に立つ、便利な、有益な

 

☆ポイント☆「有益な〜」という意味合いでよく使われる。例えばより容易に出来るようになる道具、良い結果になるような情報など、それ自体が有益(有用)であることが多い。

useful information

techniques that could be useful to teachers

引用:Longman現代英英辞典

helpfulの意味と用例文

[形]役に立つ、手助けとなる、有益な

 

☆ポイント☆「手を貸して力になる」という意味。例えば力仕事が得意な学生、困ったときに見るメモなど「助ける」というニュアンスがある。「力を貸す」という表現が当てはまる場合も。

Thank you for your advice; it’s been very helpful.

We hope this leaflet has been helpful in answering your questions.

引用:Longman現代英英辞典

useful/helpfulの違いをもっと詳しく

useful

helping you to do or get what you want

something that is useful makes it easier for you to do something

引用:Longman現代英英辞典

helpful

providing useful help in making a situation better or easier

useful because it helps you to do something

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典(シソーラス含む)の説明も見ていきます。

usefulについては

helping you to do or get what you want
(何かをすること、また欲しいものを手に入れるのに手伝いとなること)

something that is useful makes it easier for you to do something
(役に立つというものは、何かをする事をより簡単にする)

という「有益である」との説明がされています。

 

helpfulについては

providing useful help in making a situation better or easier
(シチュエーションをより良く、または簡単にするために役に立つ援助を与えること)

useful because it helps you to do something
(何かをする手助けとなるため、役に立つ)

という説明です。「手助けをして役に立つ」というニュアンスが分かります。

ここで練習問題(回答は後ほど)
We (     ) that you change your shoes first.
1.remain 2.improve 3.suggest 4.reserve
\他にもTOEIC・英検対応問題が多数/
👑1位 スタディサプリ ENGLISH

7日間無料、期間内解約で0円体験
さらに最大6,000円キャッシュバック
2019年10月23日まで!

※正解は3.suggest(提案する)

まとめuseful/helpfulの違い

useful(ユースフル)…「(それ自体が)有益であるであるため役に立つ」という意味。道具や情報などに使われることが多い。

helpful(ヘルプフル)…「手助けをする(してくれる)ため役に立つ」という意味。「力を貸す、力になる」といった表現も。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

当サイト「あめぐれ」では他にもたくさんの言葉を扱っているのでよかったら見ていってくださいね。

また、ツイッターやフェイスブックで共有してくれるととても励みになります!