【英語】visitor/guest(お客)の意味の違いと使い分け

visitor-guest違い 英語

英語で「お客」を表す単語

visitor(ヴィジター)

guest(ゲスト)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

visitorの意味と用例文

[名]お客、訪問客、訪問者、ビジター

 

☆ポイント☆「特定の場所や人を目的に訪れる人(お客様)」という意味。例えば観光地や工場などの施設に対して。tourist、sighteer(観光旅行者)という意味の似た言葉もある。またスポーツクラブなどで会員以外の利用客に対してもこう表現することがある。

The museum attracts many visitors.

その博物館は多くの訪問客を引き込んでいる。

guestの意味と用例文

[名]お客、招待客、来賓、ゲスト

 

☆ポイント☆(特別なパーティや式典などで)ホスト側が招いた人、お客様という意味。ホテルの宿泊客についてもguestと表現する。

They are my guests in this party.

彼らはパーティのゲストです。

This hotel can accommodate more than 500 guests.

このホテルは500人以上の宿泊客を泊めることが出来る。

visitor/guestの違いについてもっと詳しく

visitor

someone who comes to visit a place or a person

引用:Longman現代英英辞典

guest

someone who is invited to an event or special occasion

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

visitorについては

someone who comes to visit a place or a person
(場所や人を訪れる目的で来る人)

という説明です。

 

guestのについては

who is invited
(招待された)

の部分がvisitorとの違いですね。「招かれたお客様」という意味です。

In everyday English, people usually talk about having friends/people over (for a meal, short visit etc) or having friends/people to stay rather than saying that they have guests

引用:Longman現代英英辞典

補足として、have guestsよりはhaving friends/people overまたはhaving friends/people to stayという表現が一般的であるとの説明がされています。併せて覚えていきたいと思います。


まとめvisitor/guestの違い

visitor(ヴィジター)…特定の場所や人を目的に訪れる人。クラブ会員以外の人に対してもこう呼ぶことがある。

guest(ゲスト)…招待された人。ホテルの宿泊客など。