【英語】eternal/permanent(永遠の、永久的な)の意味の違いと使い分け

eternal-permanent違い 英語

英語で「永遠の、永久的な」を表す単語

eternal(エターナル)

permanent(パーマネント)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

eternalの意味と用例文

[形]永遠の、不変の、不滅の、無限の

 

☆ポイント☆終わりを迎えること無くずっと続くという意味。詩的なフレーズで使われる事が多い。例えばeternal love(永遠の愛)やeternal youth(永遠の若さ)など。

We swore eternal friendship.

私達は永遠の友情を誓った。

permanentの意味と用例文

[形]永久的な、不変の、永続的な、長持ちのする

 

☆ポイント☆変わらなく続くという意味(終わりはある)。例えばpermanent residence(永住)やpermanent tooth(永久歯)など。

It was difficult to find a permanent job.

定職を見つけるのは難しかった。

eternal/permanentの違いをもっと詳しく

eternal

continuing for ever and having no end

continuing forever – used especially in the following phrases

引用:Longman現代英英辞典

permanent

continuing to exist for a long time or for all the time in the future

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典(シソーラス含む)の説明も見ていきます。

eternalについては

having no end
(終わりが無いこと)

especially in the following phrases
(特に言い回しで)

の部分に注目します。「永遠の愛や、永遠の若さ」などは現実にはありえないわけで、使われる場面は特殊(例えば小説やCMなど)な事が多いですね。

 

permanentについては

continuing to exist for a long time or for all the time in the future
(長い間または将来ずっと存在し続けること)

と説明されています。長い間とは書かれていますが、逆に考えると終わりは来るということであり、eternalとの違いに注意したいですね。


まとめeternal/permanentの違い

eternal(エターナル)…終わりがなく続くという意味。詩的な言い回しで使われる事が多い。

permanent(パーマネント)…変わらなく続くという意味。不変である、長持ちする、常設。