【英語】cry/weep/sob(泣く)の意味の違いと使い分け

cry-weep-sob違い 英語

英語で「泣く」を表す単語

cry(クライ)

weep(ウィープ)

sob(ソッブ)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

cryの意味と用例文

[動]泣く、涙を流す

 

☆ポイント☆「泣く」を表す一般的な単語。特に「悲しい時に涙を流しながら泣く」という意味合いが強い。嬉し泣きの場合はcrying with happinessと表現する。

The girl was crying alone.

女の子が一人で泣いていた。

infectious crying (もらい泣き)

fake crying (嘘泣き)

weepの意味と用例文

[動]泣く、涙を流す

 

☆ポイント☆cryよりもフォーマルで文語的な表現。とても悲しく長時間すすり泣く場合に使われる事が多い(大人が静かに泣くイメージ)。変化に注意(weep-wept-wept)

She wept for the loss her dog.

彼女は犬が死んでしまったことに泣いていた。

sobの意味と用例文

[動]むせび泣く、うめく

 

☆ポイント☆息をつまらせしゃくりあげて泣くという意味。とても悲しい時に大泣きする場合など。

I heard someone sobbing then.

その時誰かがむせび泣いているのを聞いた。

cry/weep/sobの違いをもっと詳しく

cry

to produce tears from your eyes, usually because you are unhappy or hurt

引用:Longman現代英英辞典

weep

to cry, especially because you feel very sad

to cry, especially for a long time

引用:Longman現代英英辞典

sob

to cry noisily while breathing in short sudden bursts

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典(シソーラス)の説明も見ていきます。

cryについては

to produce tears from your eyes, usually because you are unhappy or hurt
(目から涙を流すこと、たいていは不幸であったり傷ついたりした理由による)

という「一般的な泣く行為」たいてい悲しい時とありますが、前述した通り、嬉し泣きやもらい泣きなどにも使えます。

 

weepについては

especially because you feel very sad
(特に悲しいと感じた時)

especially for a long time
(特に長い間)

と説明がある通り、「深い悲しみに包まれて泣く」というニュアンスが伝わります。

 

sobについては

noisily while breathing in short sudden bursts
(しゃくりあげながら)

のところに「むせび泣く、嗚咽を上げて泣く」という意味を汲み取ることができます。


まとめcry/weep/sobの違い

cry(クライ)…「泣く」を表す一般的な単語。悲しい時や嬉しい時など、涙を伴う場合が多い。

weep(ウィープ)…cryよりもフォーマルで文語的。深い悲しみに包まれて長時間泣くという場合が多い。

sob(ソッブ)…息をつまらせてしゃくりあげながら泣くという意味。