【英語】correct/right(正しい)の意味の違いと使い分け

correct-right違い 英語

英語で「正しい」を表す単語

correct(コレクト)

right(ラァィト)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

correctの意味と用例文

[形]正しい、正確である

→[動]訂正する、正しく矯正する

 

☆ポイント☆間違いが無く正しいという意味。例えば歴史上の人物の名前や単語のスペルなど、答えが1つしかない場合の「正しい」ということ。

I don’t know the correct answer.

正しい答えを知らない。

It is good for us to learn correct manners.

正しい作法を学ぶ事は良いことですよ。

rightの意味と用例文

[形]正しい、適切な、合っている

 

☆ポイント☆判断が正しい、適切であるという意味。答えが複数ある場合でも一般的または主観的に見て「正しい」場合に使う。日常でよく使われる言葉である。

That’s right.

その通り(正しい判断だ)

I wanted to know a right way .

私は正しい方法が知りたかった。

correct/rightの違いをもっと詳しく

correct

having no mistakes

引用:Longman現代英英辞典

right

a statement or piece of information that is right is correct and based on true facts

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

correctについては

no mistakes
(間違いの無い)

の部分に「正解」という意味が分かります。

 

rightはについては

true facts
(真実)

という部分に注目します。真実とは「嘘や偽りの無い事」ですが、立場や状況に応じて変化することもあります。主観的な「正しさ」という意味も込められていますね。

In everyday English, people usually say right rather than correct

引用:Longman現代英英辞典

また、日常的にはcorrectよりもrightの方が使われるとの補足もありました。


まとめcorrect/rightの違い

correct(コレクト)…正解が1つである場合の「正しい」状態。間違いの無いという意味。

right(ラァィト)…適切であるという場合の「正しい」状態。判断が合っているいう意味。