【英語】hit/strike/beat(叩く)の意味の違いと使い分け

hit-strike-beat違い 英語

英語で「叩く」を表す単語

hit(ヒット)

strike(ストゥライク)

beat(ビィト)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

hitの意味と用例文

[動]叩く、打つ、当たる、ぶつかる、的中する

→[名]ヒット、衝撃、的中、命中

 

☆ポイント☆「叩く」の一般的によく使われる単語。物体と物体をぶつける(ぶつかる)の他にも「何かに達する」というニュアンスもある。

Don’t hit this machine.

この機械を叩かないで。

hit on (急に思いつく)

strikeの意味と用例文

[動]叩く、打つ、強打する、襲う、突き刺す、心を打つ、ストライキをする

→[名]殴打、強打、攻撃

 

☆ポイント☆hitよりも強く叩くニュアンスであり、文語的でフォーマルな表現。突き刺す、心を打つ、ストライキをするという意味もある。動詞の変化にも注意。

Suddenly she struck her desk.

突然彼女は机を強打した。

strike-struck-struck (変化)

beatの意味と用例文

[動](続けざまに)叩く、殴打する、打ち負かす、参らせる

→[名]殴打、ビート

 

☆ポイント☆(続けて、連続して)叩くという意味。振動が鼓動する(連続して動く)という意味もある。

He beat on the door for a long time.

彼は長い間ドアを叩いた。

The musician beat a rapid rhythm.

そのミュージシャンは素早いリズムを刻んだ。

beat-beat-beaten (変化)

hit/strike/beatの違いをもっと詳しく

hit

to touch someone or something quickly and hard with your hand, a stick etc

引用:Longman現代英英辞典

strike

written to hit or fall against the surface of something

written to hit someone with your hand or a weapon

引用:Longman現代英英辞典

beat

to hit someone or something many times with your hand, a stick etc

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典(シソーラス含む)の説明も見ていきます。

hitについては

to touch someone or something quickly and hard with your hand, a stick etc
(自分の手や棒などで誰かもしくは何かに素早く強く触ること)

と説明がされています。

 

strikeについてはwritten(文語的)であること、

to hit someone with your hand or a weapon
(手や武器で誰かを叩くこと)

と説明があります。weaponを道具だと考えるとhitよりも強く叩くニュアンスが感じられます。

 

beatについては

many times(何度も)

と説明にhitstrikeとの違いが感じられますね。


まとめhit/strike/beatの違い

hit(ヒット)…「叩く」を表す一般的な単語。「何かに達する」という意味もある。

strike(ストゥライク)…hitよりも強く「叩く」という意味。突き刺す、心を打つ、ストライキをするという意味もある。

beat(ビィト)…繰り返し、連続して「叩く」という意味。ビートを刻む、心臓が鼓動するという意味もある。