【英語】sweat/perspiration(汗)の意味の違いと使い分け

sweat-perspiration違い 英語

英語で「汗」を表す単語

sweat(スウェット)

perspiration(パースピレイション)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

sweatの意味と用例文

[名]汗、水滴、水蒸気

→[動]汗をかく、汗を流す

 

☆ポイント☆「汗」を表す一般的な単語。自動詞として「汗をかく」、他動詞として「浸出させる、汗をかかせる」という意味もある。

I worked very hard with sweat of my brow.

私は額に汗して働いた。

no sweat (お安い御用だ。任せてよ)

break a sweat (努力する)

perspirationの意味と用例文

[名]汗、発汗、努力

 

☆ポイント☆sweatよりもフォーマルな表現で、主に専門的・医学的な表現。日本語で言う「発汗」。

I think you have to promote perspiration.

発汗を促した方がよいかと思います。

sweat/perspirationの違いをもっと詳しく

sweat

drops of salty liquid that come out through your skin when you are hot, frightened, ill, or doing exercise

引用:Longman現代英英辞典

perspiration

formal liquid that appears on your skin when you are hot or nervous

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

sweatについては

drops of salty liquid that come out through your skin when you are hot, frightened, ill, or doing exercise
(暑い時や驚いた時、病気やエクササイズをした時などに肌を通して出てくる塩を含んだ液体の水滴)

と説明があります。

 

perspirationについてはフォーマルであるという他に

liquid that appears on your skin when you are hot or nervous
(暑かったりナーバスな時に肌に表れる液体)

と説明があります。

余談ですが、「蒸発、発散」を表す単語はtranspirationと言います。意味も形も似ていますね。


まとめsweat/perspirationの違い

sweat(スウェット)…「汗」を表す一般的な単語。自動詞「汗をかく」他動詞「浸出させる、汗をかかせる」

perspiration(パースピレイション)…フォーマルな表現で専門的・医学的な「発汗」という意味