【英語】almost/nearly(ほとんど)の意味の違いと使い分け

almost-nearly違い 英語

英語で「ほとんど」を表す単語

almost(オールモゥスト)

nearly(ニアリー)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

almostの意味と用例文

[副]ほとんど、だいたい、9割程度

 

☆ポイント☆あともう少しで達成や到達する状態であるという意味。ほとんど完了しているというニュアンスを含むが、言い換えれば完全には達成していないということであり、状況に応じて感じ方が変わる場合がある。

I have almost finished my work.

自分の仕事はほとんど終わりました。

We don’t talk each other for almost a year.

私達は1年のうちほとんど会話をしない。

nearlyの意味と用例文

[副]ほとんど、あらかた、だいたい

 

☆ポイント☆almostとほぼ同じ意味だがalmostの方が到達点に近いニュアンスがある。特にイギリス英語でよく使われる表現。

They had eaten nearly everything.

ほとんど全部食べてしまった。

almost/nearlyの違いをもっと詳しく

almost

nearly, but not completely or not quite

引用:Longman現代英英辞典

nearly

especially British English almost, but not quite or not completely

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

almost及びnearlyについても

nearly, but not completely or not quite

almost, but not quite or not completely

(ほとんど、しかし完全では無くイコールでも無い)

と同じような説明がされています。

 

nearlyについては

especially British English(特にイギリス英語で)

の部分にも注目しましょう。

Don’t use nearly before negative words such as ‘no’ or ‘nothing’. ✗Don’t say: I know nearly nothing about it. | There was nearly no traffic.

引用:Longman現代英英辞典

また、nearlyに関してはnonothingなどのネガティブワードの前に使わないとの補足がありました。

I know almost nothing about it.

There was almost no traffic.

一方、almostに関してはそのような文法上の決まりはありません。


まとめalmost/nearlyの違い

almost(オールモゥスト)…nearlyとほぼ同義。あと少しで到達・達成に至るという意味。

nearly(ニアリー)…almostとほぼ同義。イギリス英語でよく使われる方の表現で。あらかた到達・達成しているという意味。almostの方が意味が強く、文法上nearlyはネガティブワードの前には使えない。