【英語】hopeless/desperate(絶望的な)の意味の違いと使い分け

hopeless-desperate違い 英語

英語で「絶望的な」を表す単語

hopeless

desperate

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

hopelessの意味と用例文

[形]絶望的な、望みがない

 

☆ポイント☆一切の希望が無く見込みが無い状態であるという意味。達成や成功の可能性が無いというニュアンス。お手上げである状況。

My record was hopeless.

自分の成績は絶望的であった。

I am hopeless at cooking.

料理が全くできません。

be hopeless at cooking (料理が出来ない)

desperateの意味と用例文

[形]絶望的な、必死の、捨て身の、やけくそで

→[副]desperately 必死に、是が非でも

 

☆ポイント☆状況が悪く厳しい状態であるという意味ではあるが、hopelessよりは希望が残されている事が多く、「必死にあがく」「今すぐ助けが必要である」というニュアンスもある。

It is a desperate situation, so we need help.

絶望的な状況のため助けが必要である。

hopeless/desperateの違いをもっと詳しく

hopeless

if something that you try to do is hopeless, there is no possibility of it being successful

a hopeless situation is so bad that there is no chance of success or improvement

引用:Longman現代英英辞典

desperate

a desperate situation is very bad or serious

willing to do anything to change a very bad situation, and not caring about danger

needing or wanting something very much

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

hopelessについては

a hopeless situation is so bad that there is no chance of success or improvement
(hopelessな状況というのは成功のチャンスや改善が全く無い悪い状況ということである)

という説明がされています。「絶望的、ノーチャンス」というニュアンスを汲み取ります。

 

desperateについては

a desperate situation is very bad or serious
(desperateな状況というのはとても悪く深刻な状況である)

willing to do anything to change a very bad situation, and not caring about danger
(悪い状況を変えるためになんでもする、そして危険をかえりみない)

という説明から、「絶望的ではあるが(僅かな希望にかけて)必死にあがこうとする状況」というニュアンスを汲み取ります。全くの希望がなければ必死になっても無駄ですからね。


まとめhopeless/desperateの違い

hopeless(ホゥプレス)…全く希望の無い絶望的な状況。お手上げな状態。

desperate(デスパレイト)…絶望的ではあるが、可能性はある(と信じてあがく)、必死である、すぐに助けが必要であるという状態。