【英語】chance/opportunity(好機、チャンス)の意味の違いと使い分け

chance-opportunity違い 英語

英語の「好機、チャンス」を表す単語

chance(チャンス)

opportunity(オポチュニティー)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

chanceの意味と用例文

[名]好機、チャンス、可能性、見込み

 

☆ポイント☆「好機、チャンス」を表す一般的な単語。偶然性があり、意図していない(思いがけない)というニュアンスが加わる。「可能性」や「(悪いことが起きる)見込みがある」という意味もある。

I have a chance to watch the movie.

私はその映画を鑑賞する機会を手に入れた。

by chance (偶然に)

take a chance (一か八か)

opportunityの意味と用例文

[名]好機、チャンス

 

☆ポイント☆努力などを尽くした結果得られる好機、機会というニュアンスが含まれる。chanceのような偶然性は低いが同義な部分もあり、置き換え可能な場合も多い。

It was a wonderful opportunity for me.

それは私にとって素晴らしい好機でした。

chance/opportunityの違いをもっと詳しく

chance

a time or situation which you can use to do something that you want to do

引用:Longman現代英英辞典

opportunity

a chance to do something or an occasion when it is easy for you to do something

a chance to get a job or improve your situation at work

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

chanceについては

a time or situation which you can use to do something that you want to do
(あなたが望んでいることをすることが出来るタイミングや状況)

との説明があります。

 

opportunityについては

a chance to do something or an occasion when it is easy for you to do something
(あなたが何かをする、または何かをするのに容易である機会)

a chance to get a job or improve your situation at work
(仕事を手に入れる、または働く状況を向上させる機会)

の説明に、努力して得た機会というニュアンスを汲み取ります。


まとめchance/opportunityの違い

chance(チャンス)…「好機、チャンス」の一般的な単語。偶然性が高い。可能性、見込みという意味もある。

opportunity(オポチュニティー)…偶然性が低く、努力した結果得られた好機・チャンスというニュアンスがある。