【英語】evidence/proof(証拠)の意味の違いと使い分け

evidence-proof違い 英語

英語で「証拠」を表す単語

evidence(エヴィデンス)

proof(プルーフ)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

evidenceの意味と用例文

[名]証拠、証言

 

☆ポイント☆真実や形跡などを明かす法的根拠や確証という意味であるが、そのevidenceによって導き出される結果が確実なものとは限らない。元ネタ、判断材料。

I want to believe this evidence.

私はこの証拠を信じたい。

historical evidence (史実)

in evidence (証拠として)

proofの意味と用例文

[名]決定的な証拠、証明

 

☆ポイント☆evidenceよりも確実な・ゆるぎない証拠を表す。確かで誰が見ても明らかな証拠。

There is a proof that the man is my brother.

その男が私の兄だという証拠があります。

conclusive poor (決定的証拠)

no proof that 〜 (〜という(決定的・確実な)証拠はない)

evidence/proofの違いをもっと詳しく

evidence

facts or signs that show clearly that something exists or is true

information that is given in a court of law in order to prove that someone is guilty or not guilty

引用:Longman現代英英辞典

proof

facts, information, documents etc that prove something is true

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

evidenceについては

information that is given in a court of law in order to prove that someone is guilty or not guilty
(裁判所で有罪か無罪かを証明するために与えられる情報)

という説明に注目します。「判断材料としての証拠」という意味が分かります。

 

proofについては

prove something is true
(あるものが真実だという証明)

と言い切っていますね。これは「確証のある証拠」という説明になっています。evidenceよりもproofの方が「確実な証拠」ということでしょう。


まとめevidence/proofの違い

evidence(エヴィデンス)…一証拠・証言、元ネタ。そこから導き出される結果が真実とは限らない。判断材料。

proof(プルーフ)…最終的な・確実な証拠、証言。evidenceよりも確実で揺るぎない証拠。