【英語】storm/tempest(嵐)の意味の違いと使い分け

storm-tempest違い 英語

英語の「嵐」の意味を表す単語

storm(ストーム)

tempest(テンペスト)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

stormの意味と用例文

[名]嵐、風雨

 

☆ポイント☆一般的に「嵐」を意味する単語。雨風だけでなく、雷や雪を伴うものにも使用する。

We scared the storm in 1988.

1988年の嵐は怖かった。

Picotaro took Japan by storm.

ピコ太郎は日本に旋風を巻き起こした。

take 〜 by storm (〜に旋風を巻き起こす、ブームを作る、圧巻する、)

tempestの意味と用例文

[名]大嵐、暴風雨、大騒ぎ

 

☆ポイント☆stromよりもさらに激しい暴風雨の事を指すことが多い。最近ではあまり使われない言葉。

The tempest swept Chugoku region.

暴風雨が中国地方を襲った。

storm/tempestの違いをもっと詳しく

storm

a period of very bad weather when there is a lot of rain or snow, strong winds, and often lightning

引用:Longman現代英英辞典

tempest

a violent storm

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

stormについては

rain or snow, strong winds, and often lightning
(雨や雪、強い風、雷を伴う)

と説明がある通り、天候がひどく悪い状態を表しています。

 

tempestの説明については

violent
(暴力的な)

とある通り、stormをさらに激しく悪化させた状態を想像させます。ですが、どちらかというと物語、文学的な表現のようです。


まとめstorm/tempestの違い

storm(ストーム)…一般的な嵐、風雨。激しい場合はviolence stormなど。

tempest(テンペスト)…災害レベルの暴風雨。最近ではあまり使われない。