【英語】help/aid(助け、援助)の意味の違いと使い分け

help-aid違い 英語

英語の「助け」を表す単語

help(ヘルプ)

aid(エイド)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

helpの意味と用例文

[名]助け、手伝い、援助

→[動]助ける

 

☆ポイント☆一般的に使われる「助け」という単語。困っている人への助けや、家事の手伝いなど幅広い意味を持つ。動詞として使われることも非常に多い。

Do you need our help?

助けが必要ですか。

His help made our life great.

彼の助けが人生を良いものにしてくれた。

May I help you? (どうかしましたか、ご用件は何でしょう)

help oneself to 〜 (セルフサービスで〜する)

aidの意味と用例文

[名]援助、助け、助力

→[動]助ける、援助する

 

☆ポイント☆helpよりもフォーマルな表現であり、貧困などに苦しむ人や国への助け、援助という使われ方をする。国や政府などの組織的な援助の場合が多い。

The government’s aid was appreciated all over the world,

政府の援助は世界中で感謝された。

in aid of 〜 (〜を助けるために、〜のために)

help/aidの違いをもっと詳しく

help

things you do to make it easier or possible for someone to do something

引用:Longman現代英英辞典

aid

help, such as money or food, given by an organization or government to a country or to people who are in a difficult situation

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明も見ていきます。

helpについては

things you do to make it easier or possible for someone to do something
(誰かや何かのためにより簡単または可能性が見込めるようにようにする事)

という説明がされています。「サポート的な広い意味での助け」という意味を汲み取ります。

 

aidについては

such as money or food, given by an organization or government to a country or to people who are in a difficult situation
(組織や政府が困難な人々に対してお金や食べ物などを支援すること)

とあります。「貧困などに苦しむ人などへの支援」というニュアンスがあります。


まとめhelp/aidの違い

help(ヘルプ)…一般的に使われる「助け」という意味。支援や手伝いという意味などもある。

aid(エイド)…helpよりもフォーマルな言い方で、組織などが貧困に対して行う「援助」というニュアンス。