【英語】close/shut(閉める)の意味の違いと使い分け

close-shut違い 英語

英語の「閉める」を表す単語

close(クロゥズ)

shut(シャット)

の違いを理解します。

まとめに飛ぶにはこちらからClick

closeの意味と用例文

[動]閉じる、塞ぐ、休業する

 

☆ポイント☆「閉める」の一般的な単語。もともと開いていたものを閉じる、塞ぐという意味。例えば開いていた窓やドアを閉めるなど。静かに閉めるというニュアンス。自動詞で「閉まる」という意味もある。

She closed her eyes when I saw her.

私が彼女を見た時、目を閉じていた。

Close the window. My baby is sleeping.

窓を閉めてください。赤ちゃんが寝ているの。

close off (封鎖する) =shut

営業を終了するという意味もある 例:closed

shutの意味と用例文

[動]閉じる、(勢いよく)閉める、封鎖する

 

☆ポイント☆closeと同義の部分もあるが、ピッタリと勢いよく、しっかりと閉める時に使う事が多い。閉じるというニュアンス。こちらも自動詞で「閉まる」という意味がある。

You always shut a door.

君はいつも勢いよくドアを閉めるね。

My mother got angry and shut the door yesterday.

昨日母は怒って勢いよくドアを閉めた。

shut-shut-shut (変化)

PCなどの電源を切る場合はturn offもしくはpower off、強制終了ならshutdown

close/shutの違いをもっと詳しく

close

to shut something in order to cover an opening, or to become shut in this way

to stop being open, or to make something stop being open. You use close and shut especially about your eyes, your mouth, a door, a window, or a container

引用:Longman現代英英辞典

shut

to close something, or to become closed

to close something. Shut sometimes has a feeling of doing something quickly and firmly, whereas close sounds more careful

引用:Longman現代英英辞典

Longman現代英英辞典の説明でも似ている部分は多いです。

close

to stop being open, or to make something stop being open
(開いている状態を止めること、何かが開く状態を止めること)

という部分と、

shut

to close something, or to become closed
(何かを閉めること、また閉まる状態になること)

の説明はほぼ同じだと思います。

違いを感じるのはShut sometimes has a feeling of doing something quickly and firmly, whereas close sounds more careful(“Shut”は時にすばやくしっかりと行う、”Close”は注意を払うような感覚である)という部分です。意味合いの違いに注意していきたいですね。

close/shutの慣用句一覧

close

shut

〜up 狭くなる、しぼむ 黙る、戸締まりをする
〜down 廃業する、閉鎖する 塞ぐ、閉じる、廃業する、機械を止める
〜in 閉じ込める、接近する 閉じ込める
〜out 遮断する 締め出す、遮断する
〜off せきとめる、封鎖する 機械を止める、切り離す、遮断する


まとめclose/shutの違い

close(クロゥズ)…「閉める」の一般的な単語。もともと開いていたものを(静かに)閉じる、塞ぐという意味。自動詞の「閉まる」という意味もある。

shut(シャット)…ピタっと閉じる、しっかり閉めるという意味。自動詞の「閉まる」という意味もある。