【無料学習】ただよび定期まとめと補足part25基礎英文法講座61〜63

YouTubeの予備校ただよび定期まとめ ただよび

Youtubeの予備校「ただよび」では一流の講師による授業を配信中です。

英語は河合塾講師の森田鉄也(通称もりてつ)氏が担当し、基礎から応用まで幅広い知識を分かりやすく講義されています。これが全て無料なんて信じられません。

当サイト「あめぐれ」では「ただよび」の授業を定期的にまとめ、関連語や練習問題などを追加していくつもりです。

まずは「ただよび」の動画をしっかりと視聴した上で、補足的に利用していただけると嬉しいです。

ただよび基礎英文法講座

仮定法①仮定法過去と仮定法過去完了

仮定法の否定文と疑問文

否定文

例文 If I didn’t like her, I would throw it away.

「もし彼女の事を好きではないなら、それを捨てるだろう」(実際は好きである)

例文 If I liked her, I would not throw it away.

「もし彼女のことが好きなら、それを捨てないだろう」(実際は嫌いである)

例文 If it had not rained yesterday, I could have played soccer.

「もし昨日雨が降らなかったら、サッカーをプレイできたのに」(実際は降った)

例文 If it had rained yesterday, I could not have played soccer.

「もし昨日雨が降ったら、サッカーをプレイできなかった」(実際は降らなかった)

疑問文

例文 If you were me, would you call him?

「もしあなたが私なら、彼に電話をしますか」

例文 If you had bought the car then, would you have been happy?

「もしあの時その車を買っていたら、幸せだったでしょうか」

仮定法②頻出表現と倒置

仮定法ifの省略(倒置)

If you should see my brother, please hand that to him.

→Should you see my brother, please hand that to him.

仮定法③wishの用法

wishとhopeの違い

wishは実現が難しい・不可能な場合(=仮定法)

hopeは実現が可能・不可能では無い場合

例文 I wish he were here.「彼がここにいたらいいのに」(実際にはいるのは難しい)

例文 I hope he is here.「彼がここにいるのを希望する」(実際にいることが可能)